会社概要

鹿児島県 H・Y 様 TURBO XLD 10W-40

車種/年式 VWゴルフ2 (19RV) / 1990年式

運転歴35年ですが、エンジンオイルでこれだけ違いが分かったのは初めてで、とても感動しました!

VWの古めのクルマに20数年乗り続けています。
クルマイジリが大好きで、これまで数多くのオイル(鉱物油~全合成油、5W-30~10W-50、¥300~1000/L、+添加剤)を、5000kmまたは6ヶ月の早い方でDIY交換してきました。
しかし、もともとがガサツなエンジンのためか、違いが全くと言っていいほど分かりませんでした。

悩みではないのですが、このエンジンに関してはオイルで変わることはない、と考えていました。
(同時所有している2輪ではオイル交換でフィールが激変することは常々経験しています)

そう思っていたところに Web上の、とある通販ショップでPOLOのオイルを目にしました。
「オイルはどれも一緒」と悟りを開いた筈が、「良質なベースオイル、鉱物油、安価」ということで、またまた好奇心が疼きました。

Turbo XLD10W-40を購入したのですが、これまで買い置いたペール缶を使い切るまで、3年弱熟成してから使用しました(笑。
しかしながら、交換当日から、

1)静かになった:高速でエンジン音に代わり、ロードノイズが一番大きくなった。
2)エンジン回転が滑らかになり、振動も減少:回りたがるエンジンになった感じ。
3)エンジンブレーキが明らかに弱くなった:MT車なのでよく分かります。

という訳で、運転するのがますます楽しくなりました。
運転歴35年ですが、エンジンオイルでこれだけ違いが分かったのは初めてで、とても感動しました!

(以上、一部編集の上掲載をさせていただいております)


大阪府 K・Y様 SYN-PRO1000 10W-60

車種/年式 ALFA ROMEO 156TI JTS / 2005年式

ゴロツキ感も無くスムーズに回転が上がるのが体感できたのには驚きました。

引っ張った時にディーゼルエンジンのようなゴロツキ感があったので気になっていたのですが、 主治医であるカーショップでPOLOを勧められました。

ショップの他のユーザーさんにも評判が良いと聞いたのでPOLO SYN-PRO1000 10w-60を入れてみました。
4000km弱走行後のアルファロメオ純正指定オイルからのオイル交換で、乗り出してすぐエンジン音が静かになっていた。
ゴロツキ感も無くスムーズに回転が上がるのが体感できたのには驚きました。

(以上、一部編集の上掲載をさせていただいております)

2017 © TASCO Co.ltd. ALL RIGHTS RESERVED